業者選びに役に立つゴミ屋敷・遺品整理に関連した業者をご紹介します。

遺品整理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月15日 [FAQ]

遺品整理と生前整理はどういった点が異なりますか?

私は高齢になったため、そろそろ終活を始めたいと考えており、いろいろと調べてみたところ、遺品整理や生前整理というものがあることを知ったのですが、これらにはどんな違いがあるのかよく分かっていません。
そこで、遺品整理と生前整理にはどういった違いがあるのか教えてください。

回答

荷物の整理をするタイミングが違います


遺品整理とは故人の遺品を整理することであり、遺族が亡くなった人の遺品を必要なものと処分するものとに分けることであり、タイミングとしては四十九日を過ぎてから行うことが多いです。
遺品整理は故人が自分の所有する住まいで生活をしていたならば急いで行う必要はないのですが、借家で暮らしていた場合には賃貸物件をあける必要があるため、遺品整理をすぐにしなければいけないケースもあります。
遺品整理にはいつやるべきというルールがあるわけではなく、どのようにやるのかもそれぞれが自由に決めればいいのですが、何を残しておき、それを誰が所有するのか決める際には遺族でしっかりと話し合いをする必要があります。
一方、生前整理とはまだ生きている間に当人が身の回りの整理をすることであり、これは遺品整理によって遺族に負担をかけてしまうのを避けるために大切なことで、最近では終活として生前整理をしている人は増えています。
たとえば、何十年も同じ住まいで生活を続けていると、さまざまな不用品がどんどん溜まっていくものですが、それは早く整理しておかないと物がどんどん溢れてしまうため、生前整理は良い機会となるのです。
生前整理をすることによって、荷物を整理して不要なものを処分することができ、その結果、晴れやかな気持ちになることができて、これまでの人生を一度リセットして新しい一歩を踏み出そうという気持ちになれるでしょう。
生前整理についても遺品整理と同様に細かなルールがあるわけではなく、どのタイミングで行ってもいいため、たとえば、病気で死を覚悟したけれども回復することができた人が、生前整理をするというケースがあります。
遺品整理でも生前整理でも、荷物を整理することに変わりなく、その際には自分達だけでは苦労してしまうことがあるのですが、そんなときに手伝ってくれるサービスを提供している業者があります。
業者に手伝ってもらうことによって、不用品の分別から処分まですべて任せることができるため、スムーズに荷物の整理をすることができ、自分達で作業をする負担を軽減できるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク