業者選びに役に立つゴミ屋敷・遺品整理に関連した業者をご紹介します。

遺品整理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

遺品整理業を営んでいます。集客方法はどうしたらいいでしょうか?

遺品整理をしています。
というか、始めたばかりなのですが、全く依頼が来ません。
遺品整理ということで、基本的には人の死に関する業種なので、集客するための宣伝をすることがはばかられるのですが、私も仕事としてスタートした以上、そうも言っていられません。
一方で、どうやって集客したらいいのか、という迷いは抱えており、とりあえず葬儀社などにチラシを配布し、遺品整理ができるようにお願いすることは続けています。
しかし、まだ一件もそういったところから紹介も来ていません。
どのように集客する方がいいのか、アドバイスください。

回答

ジョイントベンチャーとイベントがおすすめです。


人の死に関する業種ですが、うまく集客できている会社や業種はたくさんあります。
具体的な方法としては、ジョイントベンチャーとイベント集客です。
まず、ジョイントベンチャーですが、あなたがやっているように葬儀社にチラシを配ってもまず紹介はしてくれないでしょう。
ジョイントベンチャーを考える場合、まず考えなければならないポイントは2点。
相手にどれだけメリットを与えることができるのかという点と、相手にどれだけ手間をかけさせないかという点です。
あなたが行なっている紹介というのは、ただ「代わりに営業してください」ということ。
これが、逆の立場だったらどうですか?
普通動かないですよね。
なので、もっとあなたが主導で動くことを前提にし、それでもあなたよりも相手に儲けがあるような仕組みにしなければなりません。
もう一つのイベントですが、これは具体的な例をご紹介しましょう。
同じように、死を扱った商売である、墓石屋さんの例です。
こちらの会社は、墓石についての小冊子を作りましたが、これを配る方法に悩んでいました。
そこで開催したのが、無料でクレープを振る舞うというイベント。
週末、お孫さんと足を運んでもらうために、クレープを無料で作り、配ったそうです。
来場者にしたことは、小冊子を配っただけ。
すると、クレープを待ってる間の待ち時間や、自宅に帰ってからなど小冊子を目に通してもらい、数件の問い合わせがきて、成約に至るという流れができたそうです。
あなたも同様のことができないか、考えてみたらいかがでしょうか?

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク