業者選びに役に立つゴミ屋敷・遺品整理に関連した業者をご紹介します。

遺品整理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

遺品整理業者に依頼する前にすべきことは?

父に癌が見つかり、現在抗がん剤治療を行っています。
残念ながら完治の可能性はほぼ0で、延命のために治療を続けている状態で、父は入退院を繰り返していますが、医師からは余命宣告もされていて、その日が近づいています。
私たち兄弟は全員独立していて、実家には両親が二人で暮らしていて、父が亡くなれば長男の責任として母を私に家に引き取る予定で、様子をみて実家は売却しようと考えています。
古い家ですが解体しなくても買い手は見つかると思うので、その時がくれば家の中の荷物は全部処分しなければいけなくて、私たちの荷物もたくさん残っているので、それもまとめて不用品の回収業者さんにお願いして整理してもらおうと思っていますが、父が亡くなり、遺品整理業者に依頼する前にしておくべきことを教えてください。
それと、遺品整理業者を選ぶポイントもあれば、合わせてお知らせください。


回答

まずは遺言書と貴重品を探しましょう。


遺品整理業者の中にも、遺品や不用品の中から、現金や大切な書類や貴重金を捜索してくれるところは多いわけですが、この業界にはお金を儲けることだけを目的としている悪徳業者も混ざっているので、遺品整理業者を選ぶ際には、まずは信頼できる業者であることをしっかり確認しなければいけません。
悪徳業者の中には、ご遺族が気づいていなかった貴重金や現金を見つけて、そのまま自分たちのものにしてしまうケースもあります。
優良企業を選ぶポイントとしては、遺品整理士などの資格の有無や、営業年数や利用者の口コミや評判を確認する方法があります。
大切なご家族が亡くなると、葬儀やいろいろな手続きなどが必要になり忙しくなりますが、遺産相続が完了するまで故人の銀行口座が凍結されてしまうので、早めに対策しなければいけないこともたくさんあります。
遺品整理をはじめる前に、まずは遺言書の有無を確認して、相続人が誰なのかを特定しましょう。
遺品整理業者に依頼する前に、自分たちで現金や有価証券や不動産の登記簿謄本などを確認して、遺品の中からお金に替えられる貴重金を選択しましょう。
ちなみに、相続人が納得すれば、高価な品物でも形見にすることができます。
前記した通りに、見逃した貴重品は大概の遺品整理業者が探しだしてくれますが、費用を抑えようと思ってリサイクルショップや不用品の回収業者などに依頼すれば、大事な貴重品をそのまま回収されてしまうかもしれません。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク