業者選びに役に立つゴミ屋敷・遺品整理に関連した業者をご紹介します。

遺品整理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

遺品整理業者が行う作業内容を教えて下さい

最近、色々な専門業者が増えていて何でもお金を出せば人に頼める時代になったと感じます。自分でやるのが面倒な事は頼んだ方がラクだと痛感するのは引越しした時です。パッキングから運び出し、新居への移動全てを頼み、掃除やゴミ捨てなどもまとめて依頼しました。多少のお金の違いでここまでラクができるなら頼もうと思います。そこで現在考えているのが実家の遺品整理です。母が他界してから2年ほどです。父は5年ほど前に亡くなったのですが母は特別遺品を整理したり、処分することはしませんでしたので、実家はずっと変わらず両親が残したモノがそのままの状態です。実家へ帰る機会もなくなり、そのままにしておくのも物騒なので整理して売却するか賃貸貸しするかなど不動産屋と相談するつもりです。いずれにしても家を空にしなくてはいけないため遺品整理業者に依頼するのがいいかと考えています。実家は空家状態ですがゴミ屋敷ではありません。家は人が住んでいないだけで散らかってはいません。貴重品は基本的にもう置いてはいませんが、一部処分せず渡して欲しいものなどがあります。どこまでの対応をしてもらえるのか、基本的な作業内容を教えてください。

回答

ご依頼者様のご希望が反映されて進められます


遺品整理は亡くなられた故人様のお品物を丁寧に整理し、ご希望に合わせて遺品供養や処分を行い、お部屋をきれいに清掃することが一般的です。権利書や貴重品の捜索を初め、ご遺族が希望されるお品を探してもらうことが依頼出来ます。数多くの経験がある遺品整理業者は貴重品を探す術に長けているといいますから、ご家族が見つけられなかったモノがあれば相談されるとよいでしょう。
遺品整理の協会には「一般社団法人・遺品整理士認定協会」という組織があります。厳選された信頼できる業者のみが登録されていますので、業者を探す時に参考にしてみてください。
ご家族でさえ知らなかったモノが発見されることもある遺品整理では信頼のおける業者に委託するのが賢明です。一つ一つの作業が丁寧であり、適正な対応がベ基本です。例えば、処分したい品物の中にお焚き上げの供養を希望されるものがあればそれにも問題なく対応してくれるでしょう。お人形や神棚、お仏壇などがその例になります。業者の中にはそのまま粗大ゴミの中に入れてしまう事があるそうですから要注意です。その点では不用品回収業者でも清掃業者でもなく、正規の遺品整理士がいる業者を選ぶのが確実と言えるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク