業者選びに役に立つゴミ屋敷・遺品整理に関連した業者をご紹介します。

遺品整理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

遺品整理業者と不用品回収業者の具体的な違いとは?

一人息子が小学3年生になり、前より手がかからなくなったので昨年から夫婦共働きになりましたが、妻の仕事が思ったよりも忙しくて残業も多いことから、先月私の実家に引っ越ししました。
父はあと2年で定年を迎えますがまだ現役で、母は専業主婦で父よりも10歳若くまだまだ元気ということで、孫の面倒をみられると二人とも喜んで同居を歓迎してくれました。
妻はもともと私の両親とは気が合って、仕事も忙しいのであまり一緒に過ごす時間もないということもあって、今のところ家族全員とてもうまくいっているのですが、ただ一つ以前同居していた亡くなった祖父母の遺品がそのまま残されていて、私と妻の寝室や子供部屋のスペース奪っているので困っています。
そこで遺品整理をしようと思ったわけですが、遺品はどのようにして整理するのが正解なのでしょうか?
遺品ということで普通のゴミのように捨てることには抵抗があるし、中にはまだ使えるものもあるので、買取にも対応してもらえる不用品回収業者に依頼できればいいと考えているのですが、遺品整理業者と不用品回収業者の違いが何かも教えてください。


回答

サービスの内容が異なります。


遺品整理とは、お亡くなりになられた方の衣類や家財道具などを片付けることで、その中には家などの不動産も含まれます。
今回は不動産は含まれないので、衣類や家財道具のみとなりますが、形見分けがすでに終わっているなら、特に遺品整理の方法に決まりはありません。
ただし、遺品ということで一般ごみと一緒に捨てることに抵抗があること対しては理解できますし、まだ使用できる品物があるなら、買取業者を利用するのも良い方法です。
遺品整理業者と不用品回収業者の違いは、遺品整理を専門にしているかどうかです。
不用品回収業者は、不要なものを家の中から運び出して回収してくれるだけですが、遺品整理業者は、遺品と不用品を分別して、遺品を丁寧に取り扱いしてくれます。
遺品や不用品を買取するには、「古物許可証」が必要ですが、遺品整理業者の中にも、それをもっている会社はたくさんあります。
遺品整理業者と不用品回収業者のどちらに遺品整理をお願いすればいいかについては、「どちらが正解」という決まりはありません。
ただし、遺品整理業者には遺品を丁寧に取り扱いしてもらえて、お焚き上げにも対応してくれますが、不用品回収業者はそのようなサービスには対応していませんので、求めるサービス内容によって依頼先を決めるといいかもしれません。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク